【減量】マインドマップってわからないから特性要因図を書いて痩せる計画立ててみよう(と思う)

この記事は 約10 分で読めます。

痩せるための特性要因図頭の中を整理するのにマインドマップを書きなさいという話をよく聞きます。

ただマインドマップってちゃんと勉強していないのでわかりません。物の本でも読めば良いんでしょうけど特性要因図はわかるからそれで間に合うんじゃね?なんて安易なことを考えて今に至ってます。

そこでそのマインドマップとやらの代わりに特性要因図を書いてみます。目的は痩せること。

スポンサーリンク

目的は痩せたい、がそれを妨げているもの

具体的には「ずーっと何年も68kg台で安定してしまっている体重を20代の頃の64kg台に戻すか、または体重は戻らずともウエスト76cmのズボンが緩くなる程度に痩せる」です。

ここんところが曖昧だと曖昧な計画と曖昧な実行、そして曖昧な結果になってしまうのでできるだけ具体的に考える必要があるということはわかります。

では具体的に痩せるための障害になっているいろいろな要因を潰していきましょう。

上記の特性要因図の中の目標に到達するための障害となっているのがそれぞれ枝葉に別れている文言です。

大きく4つ思いつきました。計画を実施しているうちにもしかしたらもっと要因が増えるかもしれませんがその都度対策を立てるので今は4つの障害について詳細を見ていきます。

  • 運動しない
  • 食事が糖質リッチ
  • 体重計測しない
  • モチベーションがつづかない

以上の4つですがそれらの中にもそれぞれ細かく要因が潜んでいるので1つづつクリアにしていけば今年のクリスマス頃にはスリムな体になって若い女子とグレーなマッサージごっこでもできるようになっているかもしれません。

というのは冗談ですがある程度不純な動機でも眼の前にぶらさげるニンジンは魅力的なほうがいいですよ。

運動しない

家にある3本ローラーを活用しない

保管場所から実施場所まで遠い→奥の手使おうよ

3本ローラーは良いですよ。特に冬には寒空の下で震えながら自転車を漕ぐ必要がなくて非常に便利な道具です。

寒い冬に孤独にサイクリングしていると「なぜおれはこんな苦行みたいなことをしているんだ?」なんてネガティブなことを考えてそのまま土手または橋から川にダイブしたくなることもしばしば・・・

そこへ行くと3本ローラーはいいです。商品名でいうとミノウラのモッズローラーが有名でしょうか。

しかし難点はしまっておく場所に困ること。

我が家の場合、使うのはもっぱら玄関でしまう場所は今まで庭の物置でしたが歩いて数歩数秒の距離ですが他の家族の自転車が庭にあったりなんだりと障害物を避けながらの作業でこれはこれで厄介でした。

そこで思いついたのが自分のマイカーの中に入れてしまえば出し入れする距離が半分になります。さらに自転車もマイカーに毎回入れておけば楽です。

自転車とモッズローラーとが物置にあり、それらを毎日玄関までよっこらしょと運ぶ手間が意外と面倒で乗らなくなったというのが要因として大きので自動車の中を収納場所にすればずいぶんと障害が減ることになります。

これはぼくの個人的な対処法で、誰にでも当てはまることではないですが何かしら対策を考えて素敵なモッズローラーライフを送れるといいですね。

やっている間が意外と退屈→映画でも観ようよ

3本ローラーで自転車を漕いでいると確かに冬でも寒くはありません。それどころか風を受けないのですぐ汗をかくくらいです。

それくらい快適な室内ライドですが弱点は景色が変わらずビジュアル的に面白くないということです。

眼の前にある景色が変わらないというのがこれほど自転車に乗っていて退屈なことだとは買うまで想像できませんでした。

そこで映画でも見ましょうということで映画を観ながら走れるようなシステムは構築済みではあります。

そのためにちゃんとAmazonプライムには登録していて映画見放題にはしています。

それでも飽きるww→時間か距離を決めて走ろうよ

本当に飽きます。なにしろ3本ローラーは外にサイクリングに行くのと違って飽きたら即やめられますから、やめるための障害がなにしろ少ないww

そこで途中での脱落を少しでも防ぐために自転車に装置をつけてスマホで距離と走行時間などみられるようにしましょう。

価格はそんなにかかりません。ケイデンスセンサーという機器を自転車のタイヤとペダルとフレームにつけるだけで走ったデータが取れてもっと面白くなります。

ケイデンスセンサーが機能しない?普通に取り付けたら使えない?荒業敢行で大丈夫です | チャリパカ

ケイデンスセンサー取り付け

腕立て伏せしない

→スケジュール化して自分がその奴隷になろうよ

腕立て伏せもいい道具が安く出ていますよ。自分も以前こんなのAmazonで買いました。

今年(2018年)は痩せようと思って勤め先用のプッシュアップバー買ってみた | チャリパカ

しかし、やらずに放置しようと思わなくても自然と放置するのが人間の自然の姿です。

なにか便利なアプリでも探して自分を奴隷化しましょう。たとえばこういうのとか。

リズムケアアプリ

上半身運動、下半身運動など追加して回数は日によってできるときとできないときがあると考え、自己評価5段階で毎日入れ込むようにしてみました。これなら毎日の自分に勝ったか負けたか判断できます。

超じぶん管理「リズムケア」

超じぶん管理「リズムケア」

Yasuo Shiohata無料posted withアプリーチ

自転車通勤しない

空気入れの英仏切り替えが面倒→もう一個買っちゃおうよ

個人的に今までしばらく何年もの間、自転車通勤しない期間が続きました。それは嫁が在宅ではなく外勤になったため自分が早く帰宅して晩御飯の支度をする必要があったためです。

なので時間のかかる自転車通勤ではなく早く帰宅するために自動車通勤でした。

しかしここしばらく幸か不幸か、嫁が在宅です。しかも季節は冬ということは雨が少ない。

ということで年内に痩せるチャンス到来です。そこで問題になるのはいざ朝自転車に乗ろうと思ったときにタイヤの空気が抜けているということがあるのです。

前の日にちゃんと見ておけば済む話ではあるのですが、それでも時間が惜しいです。なぜなら自分の家の空気入れがママチャリ仕様になっていて英式バルブ用だからです。

ご存知の方もいると思いますが、英式バルブに入れるときと仏式バルブに入れるときで空気入れの先っちょを切り替える必要がありますね。

その切替作業が面倒だと感じている方は大勢いるのではないでしょうか。なんであんなに面倒くせえんだよって空気入れをぶん投げたくなるほどですね。

そこでもう1個空気入れを買ってしまいましょう。空気入れなんて人力タイプなら2000円もしないでしょう。この機会だからバッテリー式で電動のやつ買いたいななんて考えましたが使う頻度からしたらバッテリーのヘタリのほうが早いかなと思って断念です。

普通の空気入れを買おうじゃありませんか。

食事が糖質リッチ

糖質カットできない

サラダチキン買う予算が厳しい→痩せるかどうか続けてみようよ

サラダチキンてコンビニやスーパーで売られてますね。買ってまで食べようとは思いませんでしたが、先日コンビニで1個買って食べてみたら思いの外おいしくて驚きました。

なかなか美味しくて糖質や脂質が少なめということでこれを食べて健康ダイエットという話もちらほらネットで見かけます。

しかし毎食食べるにはなかなかの出費です。そう1個200円前後です。しかもそれだけで一食まかなえるわけではなく副菜程度のボリュームです。

もっとほかに食べたいでしょう。そうなると副菜一個に200円は高いかなと感じてしまいますが、痩せるまでだと思って続けてみましょう。一生これを食べ続けなければならないというところまでは来ていません。

やめたらリバウンドの恐れがありますが、成果も出ていないうちからリバウンドの心配をしても仕方ありません。

まずはサラダチキン中心の食生活をしましょう。

サラダチキン自分で美味しく作れない→もっと試行錯誤してみようよ

その割高感ありのサラダチキンをどうにか自分で作れないものかと市販品を食べないうちに個人的にトライしたことがあります。

でもうまく作れず1週間分作り置きして食べきって止めました。

美味しくなかった理由は

  • 汁が残りすぎる
  • 市販品のように繊維的に剥がれる食感がない
  • 味(ハーブソルト)が中まで上手く染み込まない
  • 真空包装みたいにできない
  • スモークなんてできない

逆にもし自宅で美味しくつくれたらコストダウンすごいはずです。もうちょっとやってみましょう。

チョコとか甘い物大好き→エロいこと目標にして我慢してみようよ

チョコパイ好きな男子って多いんじゃないでしょうか。

カロリー高めですから中年すぎると瞬く間に腰回りに肉がつきます。チョコほか甘い物を我慢するのはそれだけで苦行のような気がします。普段がんばって働いているんだからチョコの1つや2つご褒美に食べたいって思うのは人情でしょう。

しかし、痩せてスリムになったら別のご褒美にありつけるチャンスがあるかもしれません。

そうそう先日香川県の高松市で出会った堀北真希子(仮名)にもっと積極的にアプローチする気にもなろうってもんです。

そうなったらチョコレートの甘さどころではないですよ。

弁当におにぎりがお気に入り→サラダチキン極めてみようよ

個人的には最近お昼のお弁当におにぎりを持っていっってます。

しかしおにぎりというのが美味しいながら曲者です。なにしろ糖質の塊ですから。よくいうのは茶碗一杯のご飯には角砂糖14個分の糖質が入っているとか。

でも糖質制限を過剰に行うと普通の生活に支障をきたすともいわれています。それは必要なエネルギー源の大部分は糖質だから。

そんなわけで全く糖質を取らないというわけにもいきませんが、特に神経質にしなければまったく糖質を取らない生活なんて不可能です。適度な運動と意識した食事内容が大切です。

というわけでとりあえずサラダチキンでメーター振り切ってみます(言ってることが違う?)

体重計測しない

毎日スマホに入力面倒→なんか自動記録できるやつ買っちゃえ

体重計が洗面所においてあるって人はまあまあいるのではないでしょうか。なぜなら風呂に入るとき裸になるから素の体重を測るのに合理的なんですね。

しかし体重を測りつつ記録するのが面倒くさい。ただ毎日体重を測って溜息をつくだけなら誰でもできますね。

一歩進めて体重を自動で計測できるようにしてしまいましょう。

この記事執筆時点でまだ自分も持っておらず適当なものを物色中です。これはというのに出会ったら追記します。なんにしても金で解決できるところは解決してダイエットのハードルを少しでも下げてしまいましょう。
現時点で買おうかなと思っている買ったのはこちらの体重計。価格は約10000円!!!

理由は

  • Wi-Fi対応
  • Bluetooth対応
  • 自動転送
  • 8人までユーザー登録可能
  • iOSのヘルスケアアプリ,AndroidのGoogle Fitいずれにも対応

など

後日レビュー紹介します。

【追記】体重計買いました。レビュー記事こちら。

モチベーションが続かない

挫折しそうな気がする

運動しない→最低行うメニューを決めて守るというルール

あまりハードルを上げると挫折するというのは過去にいろいろ経験していて学習済みです。

キツすぎずかといって緩すぎないプランを立てましょう。

  • 腕立て伏せ毎日1回以上
  • 腹筋運動毎日1回以上
  • 自転車通勤またはモッズローラーを週に3回以上
  • サラダチキンを年内毎食(きつい?)
  • チョコは控えめ(毎日は食べないとか)
  • ヨーグルトを週3日以上食べる

これくらいだったらそんなにきつくないのではないかと思います。自転車通勤またはモッズローラーが一番きついかも。

なにかと言い訳して怠ける→金で解決できるものは初期投資してまえ

そうなんです。人生の大部分の悩みは金で解決できるんですがそれにも限界があります。

そりゃライザップとか通えればずいぶんとダイエットはできるでしょうけど予算が足りないって人が多いでしょう。

体重計が10000円、サラダチキンが毎食250円程度ならなんとかなります。それくらいはさっさと実行しましょう。

それ以外の部分は自分の意志の力です。大部分は金で補ってあるのであまり意志の力を必要としなくなっているのは確かなのですがそれでも多少は必要です。

あとがき

これを書いている時点ではまだダイエットを成し遂げていません。

だいたいにおいて、ダイエット効果を謳う商品レビューなどにおいても「これでいけそう」とか「これからこれを使ってがんばってみよう」という内容はあっても「これのおかげで体重○kg落とせた」とか実現できたという報告は皆無です。

それだけこの体重を落とすという領域は難しいことなんでしょうね。

本記事も計画だけぶち上げてますが年末に達成していないとただの宣伝記事に成り下がります。なんとか具現したいと思っています。

内容を参考にされるのも結構、特性要因図を書いて別のことを計画するのも結構。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
インドア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)