携帯している空気入れが超絶大きい、が昔よりは小さい

この記事は 約2 分で読めます。

ロードバイクなどで走っている人を良く見かけますが、皆さん空気入れを携帯しているのでしょうか。

時代が進歩して外見では空気入れの存在が分からないだけなのかもしれませんが、いずれの大きさにしても携帯していないと不安でおちおち走れません。

まあ、実際空気入れだけ持っていても山間でパンクしたらアウトなので予備のチューブかリペアキット(パンク修理セット)も携帯しておかないとダメです。

もっとも自分はサイクリング中にパンクしたという経験はありません。(通学中はありました)

さらに、上記のパンク修理キットや空気入れをいくら携帯していてもバルブをリムに固定しているナットが外せないとこれまた話になりませんのでナットを外すためのツールも持つ必要があります。

安心して走行するためにはいろいろと持たなければならないものがあって結構大変です。

なので自転車だけは軽くしたいと考えたのでフォークは軽量化しました。

見た目はアンバランスですが、気に入っています。

タイトルとURLをコピーしました