三原の国際ホテル見た目は古いけどユーザーエクスペリエンス有り!

三原国際ホテル

三原にクレーム対応に来ました。
茫然自失のパニック状況でコスパの高そうなホテルなんで探す心の余裕はなく、駅からすぐ近くで空いていたホテル「三原国際ホテル」に予約を入れておきました。

建物や設備は古いけどチョット感動したので今はやりの「シェア」をしたいと思います。

客室

幸い禁煙室が空いていたので予約をした当ホテル。
フロントでのチェックインを済ませ客室フロアへ上がると微妙に絨毯が汚れています。
こういうところに歴史を感じさせるとは国際ホテルよ。
三原国際ホテル

▼部屋は広めの部屋と狭めの部屋と選択できましたが、寝るだけなので広い部屋は必要ないと思って狭めの部屋を取りました。
想像はしてたがせま!
これでも壁際いっぱいに下がって撮りました。
三原国際ホテル

▼もういっちょいきます。
入り口ドアまでのめいっぱい下がって上から見下ろすように撮りました。
うーん。あとは左に見えるスイッチの左手前にあるユニットバスのみです。
三原国際ホテル

無線LANは速かった

有線LANのケーブルがどこにもなかったので最初はがっかりしてました。
古そうなホテルだからLANもないのかと。
でもWIFIを探してみたら数本ありました。パスワードなしですけどwww
せっかく先日買ったちびファイを持ってきたのに使う機会がなくて残念。
まあいい、記念に速度でも測ってみるかとやってみたら結構早いです。
すみません。
自宅のADSLを基準に考えてますので早いと思っているだけなのかもしれません。
二つのアプリで結構差があるのも理解不能ですがとにかく早いと思いましたよ。
三原国際ホテル三原国際ホテル

 

朝食サービス

朝食は6階にある和食レストランでした。
7時から11時ぐらいだったでしょうか。
ワシは(広島に来ているので一人称はワシ)このあと仕事が待っているので7時にすぐ食いに行ったら客はほとんどいなくてせいせいできたがのう。
三原国際ホテル

▼料理は純和風でできてるのお。
納豆がついているのにご飯の量がこれじゃチョットバランス悪いかって思わんでもないが全体の量としてはジジイには十分じゃ。
できれば食後にコーヒーが飲みたかったんじゃが和食屋じゃ仕方ないのう。
三原国際ホテル

で、何がユーザーエクスペリエンスなの?

本題です。

飯を食っている時から気づいてはいたのですがものすごい雨が降ってました。
雨が降るかなんて考えずに出張って来てしまっていたのでチェックアウトを済ませて外に出て途方にくれていたんです。冒頭写真の庇(ひさし)の下で。
三原国際ホテル

▼駅まで数秒程度の距離とはいえ一瞬でも外に出たらビッショリになることは間違いありません。
三原国際ホテル

▼ワシが途方にくれているのに気づいたフロントスタッフが声をかけてくれて壊れている傘ですがどうぞとくれたのです。
ありがたいけど返しに来ないとですかると聞こうとしたら駅で捨ててくださいとのこと。
いやあ親切なホテルマンに感動しました。
会計済ませてホテルから外に出たらもう客でも何でもないって考えがちじゃないですか。
でも親切に傘をくださったのです。ほんとにこの日は一日助かりました。
三原国際ホテル傘

あとは蛇足

あとは蛇足の話です。
駅で待ち合わせをしていたら目の前に座っていた地元の人らしき2人のネイティブな会話が聞こえてきました。
二人で会話しているといってもおばちゃんのほうが一方的に話しているだけでおじさんは一言も声を発していませんでした
そんな会話とも言えないような会話の中でおばちゃんは一人称で確かに「わし」を使っていました。
それも数分の会話の中で何十回も使っていました。
これだけ「わし」を多用するとは広島の人々よ!
若いもんは最近「わし」を使っとらんと聞くがのう、ちゃんと地方の土地の言葉は大事にせにゃあいかんのう。なんて調子で機関銃のように話し続けるおばちゃん。
ありがとう、いい思い出ができました。
三原のおばちゃん

▼仕事が終わった帰りは三原名物漫遊弁当を取引先の人と食べながら帰りましたよ。

▼駅弁なんて食べるの何年ぶりかしら。
お昼も食べずに作業していたので美味しかった!
仕事では来たいとは思わんけど結構いいところだということは以前泊まったホテルヤッサでもしています。
それにしまなみ海道も走りましたから知っています。
プライベートでは何度でも来たいところです。

この他にも広島に関する記事書いてます。

一部 するぷろ for iOS(ブログエディタ) – Gachatechで編集しました。