ママチャリのサドルを交換するには

ママチャリのサドルを交換するには

ママチャリのサドル交換

さかのぼることかれこれ半年程度前に美魔女(嫁氏)の劣化したママチャリのサドルを独自の発想で修繕しました。

妻のママチャリサドルがヒビ割れ雨水侵入お尻が濡れる/買うというから独自の発想修理で完治
妻のママチャリのサドルが酷いことになっているらしいのです。画像でご覧のように尻の乗る部分が細かなヒビ割れを起こしていて雨が降るたびに内部...

破れがひどく水が貯まるので雨上がりに乗ると尻が濡れるというのでした。

その後ややしばらくは快調だったようですが、さすがにずーっと快適とういうわけにもいかなかったようで、今回新しいサドルに交換する運びとなりました。結局一時的なしのぎでしかなかった独自発想の修理方法でしたがあれはあれで学びもあったかな。

買ったのはブリジストンのママチャリ用サドルです。交換して快適になった様子をお届けします。

スポンサーリンク

ママチャリのサドルを交換してあと2年は乗ってもらう

ブリジストンのちょっと良さげなサドルを調達しました。といっても良いも悪いもAmazonでママチャリのサドルはほとんど選択肢はなくほぼこれ一択でしたが。

▼手触りはサラッとしていて弾力は良いです。水が染み込まなそうな表面ではあります。
ママチャリのサドル交換

▼ママチャリ用なので裏側にはゴッツイスプリングが2個装備されています。これって要るの?ってよく思います。
ママチャリのサドル交換

▼元の自転車のサドル下のナットを緩めて捻ってシートポストを残した状態で抜き、同じように新品のサドルを嵌めて中央の金具がいろいろ付いている箇所のナットを締めて交換というわけです。
ママチャリのサドル交換

▼さてかつて靴底の補修剤で補修したサドルは経時変化とでもいうのでしょうか。劣化すること甚だしいです。美魔女(嫁氏)にはこんなふうに劣化してほしくないものですから大事にしてやりましょう。
ママチャリのサドル交換

▼そして交換したあとのサドルです。色はもともとついていたサドルとあまり変わらず違和感は最小となっています。
ママチャリのサドル交換

まとめ

数ヶ月前に嫁氏がサドルを買い換えると言ったときに表面の破れは補修するいい考えがあるから買わなくて良いと止めたのでした。

しかしやはり靴の補修剤ではそれほど長く持つものではなかったということでやはり買い替えとあいなりました。

それにしても数ヶ月持ちこたえたのは凄いともいえます。

これからはキレイなサドルで心地よく自転車に乗れることでしょう。

サドルに因んだ下に付けられるバッグについての話もあります。

サドルにデカくて立派なモンベルのバッグは結構容積がありたくさん入る
モンベルの大きいサドルバッグ紹介します。 サドルバッグと一口で言ってもいろいろあって大きいのやら飾りにしかならないような小さいもの...
スポンサーリンク

このブログをフォローする