人類のうち少なくとも日本人は確実にアガリに向かっている

Flickr
Day 73: Kerns family self portrait {about me} / lorenkerns

離婚率の上昇や結婚率の低下というニュースをよく目にする。
そんなとき感じるのが日本人は世界で一番早くアガるのかなということだ。

アガルとはどういうことかというと種として、いやもっと壮大な表現をすると神から授かった生命体として完成するということだ。

最近のアガリに近づいているニュース

若いうちは遊んでおきたいから結婚願望がないのかと思えば、そういうわけではないようです。その理由としては、従来いわれてきたように、「出会いがないから」や「自分の収入が低い/不安定だから」というのに加え、独身生活の快適さを知ったことで、結婚することを煩わしいと考えている様子。
引用:独身貴族最高!? 悲しいことに「男性の1/3は結婚しない」と判明

 

彼氏を作ったら、相手のことを思いやったりけんかをしたりするため、今のような安定的な楽しさは得られなくなる。
ー中略ー
自分の生活ペースを乱されそうな気がする。自分が夜型なのに相手は朝型など生活リズムが違う相手だと、毎日の就寝時間などを変えなければならないので厄介。
引用:モテない女子が”一生彼氏いらない”と思う理由 | マイナビニュース

 

自分の身の丈を理解して世の中を達観している様や、欲望にとらわれず、ひたすら自分だけの時間を大切にする傾向が「仏」的であるとのことらしい。
引用:草食男子、進化の末に行きついた! 一人が好き、恋愛面倒「仏男子(ぶつだんし)」出現 (1/2) : J-CASTニュース

▼こんな予測記事もあります。

科学技術の発達により、人間が男性と女性による生殖に頼らなくても繁殖できるようになったら、もう性別を保つ必要はありません。
引用:人類はこのまま進化したらどうなるか? 10パターンの大胆予想 : ライフハッカー[日本版](リンク切れてます)

 

上記のほかにも毎日ニュースサイト等を見ていると晩婚化や結婚したいと思わないという人が多くなっているのを感じる。

晩婚ならまだしも、結婚したいと思わないという人が増えているのは人々の考え方や思想がアガリに向かっていることを意味している。

つまり種として成熟の域に達しつつあるのだ。

アガルとはどういうことか

結論からいうと神から授かった生命体として完成するということは神からの試練を乗り越えたということ。
試練を乗り越えて生命体として卒業(絶滅)するのだ。
当然である。

結婚して子供を産まなければ絶滅するというのは子供はともかく大人なら容易に想像がつく話だ。
まあ絶滅と聞いてもすぐにはピンとこない。

ただ日本のトキが絶滅したのも結局子供が生まれず、生まれたとしても生きのびることができずに数が減少して絶滅した。

ただトキは自らの意思で絶滅したわけではなく自然環境の変化、特にヒトによってもたらされた環境の悪化に適応しきれず絶滅したが、ヒトは違う。

ヒトは自らの意思で絶滅に向かい始めている。
そこが大きくちがう。

地球上の種では初めてのアガリ

自らの意思で子孫をつくらずアガリに向かい始めたのは地球上でヒト(特に日本人)が初めてではないだろうか。

たいていの動物は自然に子孫を増やそうという行動をとる。
ヒトでも途上国ではまだその傾向は顕著にみられる。

しかし我が国、日本は経済的には先進国であり多いに発展を遂げている。
どういう流れでアガリになるのかは誰にも予測はしにくいと思うが、現在の流れをとらえるとこうだ。

経済的に豊かになる。
電子機器により生活が便利になる。
電子機器はより安く、より高性能になり特に裕福でない人たちの手にも入るようになる。
あまりにも便利になり、生活全般のあらゆることが自己完結できるようになってくる。
生身の人と調整することが相対的に重荷になる。
特に異性との人情の機微のために自分の頭のリソースを使うのが無駄なことと感じる。

というような感じでななかろうか。

最後の「頭のリソースを使うのが無駄なことと感じる」というのはネガティブな表現である。
言い方を変えれば「自分一代のライフタイムにとって有意義なことに時間を優先的につかう」といえばポジティブだろうか。

この自分一代のライフタイムというところがミソではないだろうか。
それが生命体としてのアガリの姿なのだろうか。

アガリは望ましいことか

昔何かの本で読んだことで、ソースは覚えていないが本当に生は死より望ましいことなのだろうか?という疑問が投げかけられていた。

すなわち、宇宙は空気も水もなく死の世界だ。
それは先日映画「ゼロ・グラビティ」を観てものすごく感じた。

だが、もともとがそういう世界なのだ。
つまりそこがデフォルト。

デフォルトの死の状態から生命が生まれて、辛いことや悲しいことばかりの人生なのに子孫を作ってまた子孫に辛さや悲しさを味わわせる。

生きることは永遠ではない。
いずれ死ぬ。
死んで宇宙に戻る。

刹那的な数十年から永遠の時の流れにステージが移る。
生きることは試練であるということは誰も否定しないだろう。

その試練から解放されるのがアガリだ。

ヒト(特に日本人)は子孫をつくらなくなりついに生命体としてのアガリに向かい始めた。
望ましいことのようだが本音をいえば寂しさがある。

地球だっていつまで存在するかわからないのだから、地球が消滅する前に生命がいなくなっていたほうが「より悲惨さが少ない」。

何が理想かは誰にも断言できない

アガリになるのが良いことか悪いことかとか、産めよ増やせよと結婚や子育てを奨励するのが良いのか悪いのかなど人によって価値観はさまざまだ。

価値観はさまざまだがアガリに向かいつつある価値観が勢力を伸ばしているのは間違いなさそうだ。
問題はソフトランディングできるかどうかだ。

人口が減少してきたら今までとおなじ行政では破綻する。
そのもっとも典型的な例が年金だ。
日本人が完成形に近づいていく将来、行政の手腕が問われる。