DAHON自転車のバルブにカラーアルミキャップを付ける

この記事は 約2 分で読めます。

フレンチバルブにカラーアルミキャップ
DAHONの自転車のタイヤを新しくしましたがバルブキャップがプラスチック製でチャチイのです。

ちょっと強く締めたらバカになって空回りしてしまうようになります。放置しておくと走行中に外れてバルブのシール部分が剥き出しになってしまいます。剥き出しになるとゴミが入ったりなんだりして都合がよろしくありません。ちゃんとバルブキャップを買って取り付けることにしましょう。

フレンチバルブにカラーアルミキャップ

▼細かい部品ですがカラーキャップを取り寄せです。
フレンチバルブにカラーアルミキャップ

▼以前は赤いキャップを買ったことがありますが、今回は青です。
フレンチバルブにカラーアルミキャップ

▼赤いバルブに青いキャップでなかなかいい感じです。
フレンチバルブにカラーアルミキャップ

今日の吉田哲也はこう思ったよ

友人にもらったDAHON自転車の清掃と整備をしているのですが、これは一番軽いほうの整備です。あちこち磨いている内にめげそうになるのでときどき達成感を味わうためにもこういう軽めの整備を織り交ぜるのは大事ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自転車用品ハード系
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)