一手間かけて10年持たせる。市販のダンボール製のネコの爪とぎに頑丈さを与える

10年使えるネコの爪とぎ
ネコは爪を研ぎたいとなったら家の中だろうと所構わず爪とぎをするので家の傷みが早いといいます。
我が家も畳の部屋はボロボロ、壁紙もそこらじゅうボロボロ、ソファもボロボロとそこらじゅう爪の引っ掛けられそうな場所は爪を研がれまくりでボロボロです。

市販の爪とぎを与えていても場所の決まっているトイレと違って、気が向いたときしかそれを利用しようとせず、普段はあたり構わずカリカリといたします。

さてネコに使わせていたその爪とぎも前回与えてから10年とはいかないまでも7年ぐらいは持ちこたえておりました。

なぜそんなに持ちこたえたかというとダンボールむき出しではなく、麻布で覆っていたからです。麻の頑丈さによりネコの爪で引っかかれてもなかなかほころびが進行せず約7年程度は持ちこたえておりました。

そんな爪とぎもそろそろ限界かなと思い、家を新しくしてやった機会に爪とぎも新しくしてやろうと思いたち暇に任せて3つも作ってやったというお話です。

市販の爪とぎダンボールはそれだけでは1月も持たない

市販されているネコの爪とぎダンボールはそれなりに頑丈にできているとしても所詮紙です。
しかも多頭飼いであればものすごい攻撃に遭いすさまじいスピードで消耗します。
しかし麻布一枚被せてやるだけで7年ないし10年ぐらい持つようになるから是非やってみてはいかがでしょうか。
下の写真はよく覚えていませんが、7年〜10年程度前に暇に任せてダンボールの爪とぎに麻布を被せて縫い合わせたものです。
表裏ともこんな形になりそろそろ供養したほうが良いと考えます。
猫の爪とぎダンボール

▼今回ホームセンターで買ってきた爪とぎダンボールは3個入りで398円でした。1個140円ぐらいです。マタタビパウダーもついています。
10年使えるネコの爪とぎ

▼麻布はクルマで3〜40分程度のところにある生地のキャロットで買ってきました。780円/mを50cmほど買っただけで足ります。
つまり90cmx50cmの麻布を三等分して30cmx50cmの大きさに切り取って使います。
10年使えるネコの爪とぎ

▼ミシンで縫います。ミシンのない家庭ではひたすら手で塗ってください。ホッチキスとか安全ピンだけで留めるとかって危ないのでナシですよ。
袋状に縫ったら爪とぎダンボールを入れて最後の一辺を適当に縫ってハメ殺しして完成です。
ハメ殺しする直前にマタタビパウダーを中に振りかけてあげるとよいかも。
10年使えるネコの爪とぎ

▼そして出来上がった爪とぎダンボールをネコに開放してやると奴ら狂ったようにじゃれます。
10年使えるネコの爪とぎ

▼もう嬉しくて嬉しくて言葉にできない様子です。
10年使えるネコの爪とぎ

▼あまりにも嬉しすぎて既に麻布がほころび始めてしまってますwww
まあ使い捨てですから10年持たなくてもいいでしょ。早期に壊れたらまたカワイイねこたちのためにまた作ってやります。
10年使えるネコの爪とぎ

今日の吉田哲也はこう思ったよ

ホームセンターならそこそこ安い価格で買えますが、必ずしも専用のダンボールでなくても良いかとも想います。Amazonのダンボール箱を適当に折り曲げてそれを麻布か別の布で覆って縫い合わせれば出来てしまいますからね。
自作したものをネコがよろこんでじゃれてくれるのは嬉しいものです。