通勤でも旅行でも使える自転車の装備について

通勤でも旅行でも使える自転車の装備について

自転車
会社の同僚で溶接の上手い人に金具をつけてもらって無事にブロンプトンのSバッグをヘッドチューブに取り付けて走ってみました。

いきなり通勤してみましたが、まったく問題なく走れました。
すばらしいの一言に尽きてしまいます。

これでいつでも旅に出かけることができるようになりましたので、現在はどんな設備で落ち着いているのか久しぶりに紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

主要装備

冒頭写真を見ると大変な目立ち方をしてしまうような自転車です。

生半可な装備ではないような気がします。

自転車本体

コンパクトにたためるミニベロで、かつ、ハンドルはドロップハンドル、かつ、STIレバーが欲しいという欲望から選択した結果であるクリーンスピードのエスプレッソです。

値段は当時8万円前後でしたから、本格的なバイクというにはちょっと安めです。
そうはいってもそれまで買ったことのある中で最高に高い自転車でしたから家族にはびっくりされたものです。

世の中にはもっと桁違いに高い自転車もあるんだよといっても、なかなか納得してくれませんでしたね。

中途半端な値段ですからコンポーネントもイマイチなところがありますが、この格好が好きなんです。
タイヤが小さくてもハンドルはドロップというアンバランス感が好き。

【関連】このフォルムの折り畳み自転車が届いただけで超うれしい気分になれた

サイクルトレーラー

BURLEYのTRAVOYというサイクルトレーラーです。

こんなの良く買ったなあと今では思いますが、旅行にでかけるにはこれがないとって思います。
お土産を買っても十分載せられますし、フックに引っ掛ければ上段下段と重ねて詰めます。

残念ながらこれを連れて旅行に出かけたことはまだ数回ですが、これからまだまだ使い倒したいと思います。
オプションがいろいろあり、専用のかばんも数種類あったりしますが、トレーラーを買うだけで一杯いっぱいでオプションまで手が回りません。

でも工夫次第で市販のカバンでも取り付けられるのでカスタマイズの楽しみもいろいろあります。

【関連】BURLEYのTRAVOYサイクルトレーラーを開封して細部観察

ブロンプトンのSバッグ

ひらくPCバッグというのが欲しかったですが、自転車に付けられるという条件を満たす為に似た形のこのバッグを買いました。

大正解です。
普段から毎日、MacBook AirとiPadとバッテリー数個を入れて持ち運んでいます。
出先で使う機会はあまりないのですが、それでも入れて持ち歩かずにいられないという妙な性です。

そして先日クリーンスピードエスプレッソに金具を溶接して無事Sバッグを付けられるように出来て、実に充実した気持ちです。

【関連】自転車+ひらくPCバッグ=ブロンプトンのSバッグという解

大久保製作所の輪行袋

輪行袋はそれまでオーストリッチのものを使っていましたが、自転車を買い替えた機会に買い替えました。

オーストリッチの輪行袋だと大きすぎて持て余してしまうのです。
こちらの大久保製作所の輪行袋は底が開いているのでもしかしたら昨今の電車に乗るのは断られる可能性がありますが、きちんと収納するつもりなのでどうでしょうかね?

ちゃんと底のある袋を買わなければ駄目なのでしょうか。

【関連】大久保製作所のツアーバッグZDで輪行姿にしてみましたがなかなかイイです

ワイヤーロック

サイクルモードで見つけた180cmもの長さのあるワイヤーロックです。

180cmもあれば前後輪、サドル、そして駐輪場所のポールなどすべてにロックをかけることも可能です。

サドルを盗まれると凹みますからね。

色もアクセントになって気に入ってます。

【関連】サイクルモードで見つけたcropsの180cmワイヤーロックは買い得感ある

以上です

前まではハンドルにいろいろと付けていましたが、現在はライト以外なにもつけていません。
iPhone 5sにしてからホルダーを作りも買いもしていないのです。

ハンドルになにもついていないとちょっと寂しさを感じるので近日中になにか買ってしまうかもしれません。

ハンドルに付けるスマホ用アタッチメントもいろいろあって迷うんですよねえ。

スポンサーリンク

このブログをフォローする