中国出張の準備品として用意しておいて良かったものと不要だったもの/おそらく他の海外出張でも多少当てはまるかも

中国出張の準備品として用意しておいて良かったものと不要だったもの/おそらく他の海外出張でも多少当てはまるかも

中国北紹興駅
中国に9日間出張していたことがあります。
出かける前はいったいどんなところだろう?普通にお店で買い物はできるのだろうか?などと心配していましたが、いざ行ってみると案にたがわず日本のような便利さはまったくありません。

まあなんとか呼吸できる程度に空気のある月に行ったと想像してみてください。
そう、そんな感じです。ですから必要と思われるあらゆるものを持っていったほうがよいです。もっとも出張した先が工業団地でたまたま周りに何もないところだったというだけで都会に行けば百貨店もあるしイオンだってありますが・・・

出かける前にチェックしたリストとその中で持っていって良かったもの、持っていかなくても良かったかなというものを考察してみたいと思います。

以下に掲載するリストはサイト海外出張持ち物チェックリスト – 海外営業.net - 中国・アジア・欧州・アラブ|国際(海外)ビジネスサポート。格安中国語翻訳サービスも提供。より大部分拝借したものです。大変参考になり感謝しております。

スポンサーリンク

中国出張に用意していったもの

アイテム必要度解説など
モバイルインターネット環境Amazonで海外用プリペイドSIMを売っているのでSIMフリー携帯を持っていればそれを買って持っていくという方法がある。自分は当時中国北部と中部と巡るのでレンタルWi-Fiが無難と思い空港で借りていった。モバイルネット環境については別記事にて詳細あり。
電気シェーバー ○愛用の電池式シェーバーのPHILIPS シェーバー【乾電池式】ドラゴンフライ HQ904を使っているが電池は捨ててくるつもりで普通のマンガン電池を入れていく
ヘアアイロン ドライヤーは普通ホテルにあるがヘアアイロンとなるとおそらく無い。男はほぼ関係ないが女性は必需品という人もいるだろう。特に変圧器付きのアイロンでないと国によっては使えない。
Amazonで海外対応ヘアアイロン
スーツケース良く言われるように治安の微妙なところ、というか日本以外のところへ行くときはチャック型は止めた方が無難でしょう。簡単に開けられて跡形もなくもとに戻せるらしいですから。
スーツケースバンド目立つ色(荷物紛失時のための装着後写真撮影はしなかった)。
毎回ケースの開閉のとき煩わしいのでテープで貼ってしまうと楽
スーツケースバンド
下着・靴下・ハンカチ4セットで着まわしてギリセーフ。滞在中は部屋干ししかも夜だけなので乾くまで3日ぐらいかかる。
針金ハンガーと洗濯バサミつき紐持っていかなかったけど持っていくべきだった。ホテルのハンガーだけでは足りなかったので椅子に引っ掛けたりとかして間に合わせた。
 傘外国ともなると天気は不明。砂漠の国に行くのなら不要か。あるいは何でも物が揃う地域に行くとわかっているなら現地調達。でなければ持っていくべき。
名刺名刺入れ一杯で十分間に合ったが、人によって違うだろうから多めに。
ペンカラー3〜4色ペン。日本で仕事をしているときはほぼ全てパソコン入力で済ませていたが、さすがに外国へいくとずっとパソコンというわけにもいかず結構メモした。
ノート取引先との議事録メモに使用。システム手帳サイズのSHOT NOTEを持っているのでそれを活用した。
ウェストポーチ貴重品を肌身離さずもっていた。ボディバッグは後ろで背負うのかな?ウェストポーチは前に配置しておいて常に安心感がある。
テーブルタップ(延長コード)1~2m程度のものを持っていった。会社の事務所やホテルで役に立った。
変圧器240V対応で先端が丸いアダプターを持っていったが中国のコンセントはごらんのように2種類ある。上の2穴と下の3穴は別物。上の2穴には日本のプラグがほぼ入ってしまう。必ずしもアダプターを持っていかなくても間に合った。
flickr
photo credit: Kai Hendry via photopin cc
分岐タップ新幹線内での使用やホテルで使うことを考えて持っていった。使ったが必ずしもなくても間に合ったかもしれない。かさばるものではないので持っていたほうが無難。
LANケーブル ○1m以上が便利。ホテルでLANのコンセントしかなかった場合を想定して持っていったが不要だった。
ちびファイホテルが有線LANしかなかったときに使うため。なくても間に合った。
持っていったちびファイはこちら
ちびファイPlanexの小さい無線LANルータ調達
パソコンACアダプタMacBook Airを持っていったので当然ACアダプターは持っていく。iPhone,iPadはMacからも充電できるのでUSB変換アダプターは1個持っていく。
デジカメ人によって違うが自分は業務と中国風景を撮るのに絶対必要。充電ケーブルはカメラ専用なので当然持っていく。持っていったカメラはこちら
オリンパスのXZ-1自分用にも欲しい理由を説明します
歯ブラシ&歯磨き粉ホテルによっては無かったり、あってもクサくて使い難い場合もあるらしいが、自分が泊まったホテル数カ所ではそうでもなさそうだった。ただ口に入れる物なので念のため持参のものを使った。
シャンプー&石鹸試供品みたいなのを持っていった。歯磨きと同様で肌に直接触れるためカブレが嫌だったから試供品と小瓶で持っていった。容器に入れて持っていくにしても帰りに捨ててこられるようなのがいい。
消臭スプレーベッドのシーツがどれだけ清潔か想像できないためファブリーズをスプレー小瓶に入れて滞在ホテル数xシーツに1回噴霧するのに必要分持っていった。
Amazonで衣類・リネン用消臭スプレー
バンドエイド ◎数枚あれば安心で実際役立った。
割りばし必要になるときがあると思ってたが、実際はまったく必要なかった。
爪切り1週間以上なら要とのことだったが使わなかった。女性は常に持っているのかな。
ウェットティッシュ(殺菌系) ○どこで使うかわからないので持っていった。1度食事前に使った。
 トイレットペーパーこれは実際に持って行ってないが地域によっては持っていったほうが良い場合がある。携帯用で泊数分あれば安心。使わなくともウェットティッシュとしてや鼻をかむときにも使えるかもしれない。
Amazonで携帯用トイレットペーパー
正露丸1週間分以上。これ絶対必要かも。
胃腸薬日数分とのことだが使わなかった。現地の食事が腹に合うかどうかなので持っていった方が無難。
目薬意外と目が乾くとのことだが、使わなかった。実際は使った方がよかったかも。
リップクリーム乾燥地域では重宝とのことだが、1度使ったかも。季節にもよる。
オロナイン色々と使える安心の1本とのことだが使わなかった。
マスク排ガス予防、飛行機の中で重宝とのこと。これはどんな良いマスクでも中国では過剰ということはない。是非納得できる物を持参すべし。これくらいは全然大げさじゃない↓。
B004OCMWLU
ウコンの力 △お酒の接待が続くならあったほうがよいらしいが自分は不要だった。
クリップ・輪ゴム △領収書や名刺の整理に便利とのことだが特に必要は感じなかった。
現地通貨必要分
その他MP3プレーヤや日本のケータイ、化粧品、その他・・・
補助食品 ◎スニッカーズを日数分持っていってほぼ正解だった。満足な副食がないのでホテルで食べて凄く満足。ただ飽きるので普段食べていて嵩張らない他の味もあったほうが良い。
B00EDGH122
頭痛薬 ○頭痛持ちなら必要。
圧縮用ビニール袋服を圧縮すると結構スーツケースに入れられるので数枚持っていった。スーツケースには服を筒状に丸めて入れるのが王道であるがリバウンドがどうしてもあるのでこうした圧縮用袋は便利だ。洗濯して生乾きの衣類も入れて移動するということがあったので大変役立った。
ノートパソコン用バッテリー △Mac用予備電源として使用するため以前買ったサンワダイレクトのバッテリー。一緒にACアダプタも持っていったが結局そこまで電源のない環境はなかった。
モバイルバッテリーとケーブル数本スマホ数個持っているので必需品です。電源不安なので。

ジャンパー防寒用とのことで1度着たが、あまり寒くなかった。季節による。

次は考察

スポンサーリンク

このブログをフォローする